読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飲水思源

水について淡々と語るブログ

雑菌を繁殖させずに安心してウォーターサーバーを使うために

飲料水としてミネラルウォーターを用いる人が増えたことに伴い、ウォーターサーバーを設置する機会も増加しています。
ウォーターサーバーは手軽に使用できる反面、使用にあたって衛生上注意すべき点が存在します。

 

ウォーターサーバーの注水口の衛生管理に努めよう

ミネラルウォーター自体が安全でも、ウォーターサーバーが不衛生な状態ですと、給水時に雑菌が混入してしまいます。注水口は常に空気にさらされている状態ですので、長い間ウォーターサーバーを使用することにより雑菌繁殖の温床になっていることがあります。
水道の蛇口を綺麗にするように、ウォーターサーバーの注水口も定期的にアルコール等で除菌することで安全性が高まります。

引用URL:安全なはずのウォーターサーバーに潜むワナ | 健康 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

ミネラルウォーターは殺菌成分が最小限に抑えられている

ミネラルウォーターは、沢山のミネラルを含んだ栄養分の高い水です。一方で水道水のようにカルキによる殺菌は最小限に抑えられています。
ウォーターサーバーに用いる水はミネラルウォーターですので、水そのものの殺菌効果は少なくなっていますので、水の安全性を定期的にチェックしている業者を選ぶことも重要です。日本は厳しい基準が設けられていますが、水源を取り巻く環境は日々変わっていることを意識しましょう。

引用URL:実は菌だらけ?ウォーターサーバーに潜む雑菌の危険性 | WaterLife(ウォーターライフ)

定期メンテナンスで、ウォーターサーバー内部の雑菌繁殖に気を付けよう

ウォーターサーバーを長年使っていると、機器内部に汚れが溜まってきます。注水口は手軽にアルコール除菌できますが、ウォーターサーバー内部に繁殖した雑菌は個人でなかなか除去しきれません。
ウォーターサーバーを設置していただいている業者の定期メンテナンスを受けるようにし、決められた期間で分解、掃除、洗浄してもらうようにしましょう。場合によっては新品への変更もしていただけますので、安心してウォーターサーバーを使い続けることができるようになります。定期メンテナンスで、ウォーターサーバー内部の雑菌繁殖に気を付けよう

引用URL:ウォーターサーバーの衛生面 | 赤ちゃんのためにママが選んだウォーターサーバー

雑菌が繁殖しにくいウォーターサーバーも存在します

ウォーターサーバー内の雑菌の繁殖を極力減らしていくためには、雑菌が入りにくい構造を有したウォーターサーバーを用いるという方法もあります。
高温のお湯をサーバー内で循環させることによって雑菌を死滅させるという構造を持ったものや、水を注水するたびにタンクが潰れていくため、空気が逆流せずに、雑菌の繁殖を最小限に抑える工夫を有したウォーターサーバーなども存在します。
ウォーターサーバーの設置にあたり、機器の構造を把握することも安心して使用する上では大切なことです。

引用URL:雑菌が入りにくいウォーターサーバーの選び方とは? | ウォーターサーバーのアルピナウォーター