読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飲水思源

水について淡々と語るブログ

ペットボトルの水の賞味期限について

ペットボトルのミネラルウォーターを常備することも多いと思います。
それらにも賞味期限はあります。

 ペットボトルに入っているミネラルウォーターの賞味期限

ペットボトルに入ったミネラルウォーターには、賞味期限が設定されています。使用用途によってその年数は異なりますが、備蓄用の場合、2年から5年程度が目安となっており、ペットボトルの保管方法により賞味期限が変化します。

ミネラルウォーターが腐って飲めないということはあるのか

ペットボトルに入っている水は水素と酸素のみで構成され、雑菌処理がなされている関係で、腐って飲めなくなるということはないです。しかし、ペットボトルには空気を通す透過性があるため、数年に渡る長期保存により、劣化し雑菌が入ってくることはあります。

ペットボトルの水は臭いも移ってしまう

ペットボトルの透過性により、直射日光による劣化や周辺にある匂いも通す特徴があります。洗剤のような強い香りを持っているものと一緒に保存すると、洗剤の香りが移ってしまい、飲むときに独特の匂いがしてしまいます。そのため、日差しが当たりにくく、匂いが移りにくい所を保管場所として選ぶ必要があります。

保管用のミネラルウォーターでも賞味期限を確認する

冷蔵庫に入れるミネラルウォーターと違い、長期保存に適している備蓄用のものは賞味期限のチェックを怠りやすい傾向にあります。確認した時に賞味期限が切れていた、保存により変質してしまった場合でも、飲用ではない、洗い物や洗顔用に使うことができます。開栓していない限りは、生活用水として使うことが可能です。

water-life.info