読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飲水思源

水について淡々と語るブログ

ウォーターサーバーで菌が繁殖?安全なウォーターサーバーを購入することが大切!

飲料水をミネラルウォーターにする人が増えた影響でウォーターサーバーの数が増加しています。でも、ウォーターサーバーにも弱点があるんです。

ウォーターサーバーの雑菌に要注意!

ウォーターサーバーは構造的に菌が増えやすいです。ウォーターサーバーの水のボトルを交換する際、菌が侵入する場合があるのです。ボトルの中のミネラルウォーターも、殺菌成分が含まれていないため、菌が繁殖しやすいです。また、汚れがたまりやすい構造なので、掃除しないと不衛生になってしまいます。

引用URL:実は菌だらけ?ウォーターサーバーに潜む雑菌の危険性 | WaterLife(ウォーターライフ)

日本のミネラルウォーターの規格は厳しく、殺菌効果が望めない

日本でも最近、安全性や味がいいなどの理由からミネラルウォーターがよく飲まれるようになってきています。日本は水道水の安全基準も厳しく、世界最高水準であるといわれています。ミネラルウォーターに関しても、厳しい基準が設けられています。そのため、殺菌成分などは極力取り除かれているのです。

引用URL:ミネラルウォーターの滅菌は安全? | ウォーターサーバーのアルピナウォーター

自分で安全なウォーターサーバーを選ぼう!

自分で安全性を見極めることで、安全でおいしい水を飲むことができます。
サーバーの構造は安全性を見分けるポイントの一つです。サーバーに汚れがたまりにくい構造のものや、ボトル交換の際に空気が入りにくい構造のものが安全性が高いといえます。また、会社が定期的に水の安全性の検査をしているということも安全性を見分けるポイントになります。

引用URL:ウォーターサーバーの選び方と安全性【安全な水を求めて】

こんなウォーターサーバーがおすすめ!

フレシャスは、無菌エアレスパックを導入しているので空気との接触がほとんどなく、菌が増える原因を断ちます。また、サーバークリーニングが簡単にできることも安全性が高いといえます。コスモウォーターはワンウェイシステムという空気が侵入しにくい技術と、クリーンエアシステムという侵入した空気を殺菌する技術により、安全性が高められています。クリクラミオのワンウェイボトルは空気が混入しにくいので、クリーンな水が提供されるのが特徴です。

引用URL:本当に安全性の高いウォーターサーバーを選ぶ3つのポイント | ウォーターサーバーKING