読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飲水思源

水について淡々と語るブログ

ウォーターサーバーの見落とすと危険な注意点

度重なる震災や水不足の懸念から、大注目されているウォーターサーバー
便利で美味しい水が飲める陰で、見落とすと危険な注意点があります。

ウォーターサーバーに雑菌が大繁殖している可能性

ウォーターサーバーの構造によっては、ボトル交換の際に、空気に触れた差し込み口から雑菌がサーバー内部に混入してしまう事があります。また、ウォーターサーバーに使われているミネラルウォーターは、水道水の様な塩素消毒を行っていない為、雑菌が繁殖しやすいのです。ウォーターサーバーの内部や外部のメンテナンスも大切で、放置してしまうと汚れが溜まり不衛生な状態になります。(WaterLifeより引用)

引用URL:

実は菌だらけ?ウォーターサーバーに潜む雑菌の危険性 | WaterLife(ウォーターライフ)

ウォーターサーバーの水が水道水の基準を満たさない

塩素による消毒をしている水道水は、独特のカルキ臭さがあるので敬遠されがちです。ミネラルウォーターの方は匂いもなく美味しいので好んで飲まれますが、水道水の様な塩素消毒を行っていない為、常温で保存していると混入してしまった雑菌が繁殖している場合があります。サーバー内の水を調べてみると、水道水の水質基準を上回る細菌の数が見つかったのです。(LIFE STYLE PLUSより引用)

引用URL:

ウォーターサーバーは危険!?朝日新聞

ウォーターサーバーの掃除を欠かさない

ボトル交換の際に空気に触れた差し込み口は雑菌が繁殖しやすいので、綺麗に拭き取りましょう。利用頻度の高い蛇口周辺や受け皿は、毎日のお手入れが必要です。蛇口はアルコールなどで汚れを拭き取り、受け皿は洗剤で洗ってしっかり乾かします。ウォーターサーバー本体のお手入れは、全体の拭き取りや、埃の溜まりやすい背面、電気プラグ周辺の掃除です。こちらも定期的に行いましょう。(宅配水人気ランキングより引用)

引用URL:

ウォーターサーバーのお掃除・メンテナンス方法 | 宅配水人気ランキング

放置せず定期的にメンテナンスをする

ウォーターサーバーの内部を雑菌の温床にしない為には、定期的なメンテナンスが必要です。自分が全て管理しなくてはいけないのか、業者が行ってくれるのか、しっかり把握しておきましょう。うっかり放置してしまう事がない様、ウォーターサーバーを利用する際には、メンテナンスの有無、期間や費用をよく確認して、サービスの充実している業者を選ぶのが賢明です。
(口コミ体験談付き!ウォーターサーバー選びを成功させる比較のポイントより引用)

引用URL:

メンテナンス・お手入れ